Bフレッツの終了が決定。知らないと損する本当のおすすめ乗り換え先

Bフレッツ終了
2018年4月9日にNTT東日本が、フレッツ光(Bフレッツ)のサービスを
「ニューファミリータイプ」が
2020年1月末
「ベーシックタイプ」「ビジネスタイプ」が
2021年1月末
までで終了することを発表しました。

終了するフレッツ光(Bフレッツ)どうすれば?

現在、旧型のフレッツ光『Bフレッツ』サービスを利用している人は、あと1・2年の間に
「フレッツ 光ネクスト」か
「光コラボ」、
または「その他」
にできるだけ早く乗り換えてください。ということです。

解決済み:ベストアンサー

乗り換え先は「フレッツ光ネクスト」ではなく、NURO 光auひかりに乗り換えたほうがよい
「フレッツ光ネクスト」は評判が良いインターネット回線ではない。

逆に「NURO光」・「auひかり」はインターネットがより速く・快適になる上にキャッシュバックで3万円以上もらえる

【NURO光】(一番のオススメ候補)
NURO光の失敗しない・損しない申し込み方

【auひかり】(2番目のオススメ候補)
auひかりの失敗しない・損しない申し込み方

NURO光の知っておく注意点
NURO光で知っておくべきことは、

【1】申し込める地域が限られている

関東周辺(東京周辺地域):東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城

近畿地方(関西エリア):大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫

東海地方:愛知・岐阜・静岡・三重

九州地方:福岡・佐賀

この4地域だけ。
関東・関西・東海・九州の一部地域のみでNURO光は申し込み可能。それ以外の地域では残念ながらNURO光は選べない。

【2】開通まで平均で1ヶ月〜2ヶ月かかる。
申し込みから使えるようになるまでに1ヶ月弱から2ヶ月ほどかかります。(早ければ3週間
なので、早めに申し込んでおく必要があります。その約2ヶ月の間はBフレッツを継続利用。

auひかりの知っておく注意点
auひかりで知っておくべきことは、

【1】戸建での契約「ホームタイプ」はおすすめしない。

おすすめできるのは、集合住宅(アパートやマンション)での契約「マンションタイプ」です。

一戸建て・一軒家での契約「ホームタイプ」での契約は解約した時の違約金が高いのであまりおすすめはできない。

【2】必ず申し込める・契約できるとは限らない。

フレッツ光と違って建物の構造上、申し込んでもインターネット工事できないという可能性が30%くらいの確率である。

より詳しく「Bフレッツ終了」の話と「本当に賢い乗り換え」について。

NURO光もauひかりも申し込み不可だった場合の第3のおすすめの乗り換え先もあります。

Bフレッツとは

フレッツ光の「Bフレッツ」とは、簡単に言うとフレッツ光の中でも
旧式の光回線サービス(古いタイプのインターネット回線)です。

現在フレッツ光は、より高速通信になっている「フレッツ光ネクスト」というサービスと、あとは「光コラボ(中身はフレッツ光)」の2つがメインサービスとして提供されています。

自分の家が現在「Bフレッツ」なのか確認する方法は、
インターネット契約の時にもらった書類にサービス名が書いてあるので不安な方は確認してみてください。
書類が見つからない場合は、メンバーズサイトや電話でも確認できます。

><契約情報確認方法>
フレッツ光メンバーズクラブ「ご契約・ご利用情報」で確認。
https://members-club.flets.com/pub/pages/my/
または、電話。
0120-116116
受付時間:午前9時~午後5時
土日・祝日も営業(年末年始を除きます)

フレッツ光ネクストとは

終了する「Bフレッツ」からの変更ですが、NTTは「フレッツ光ネクスト」への乗り換えをおすすめしています。

後継サービス(フレッツ光ネクスト)に切り替えたい人には工事費が一部無料または割引で変更ができるとのこと。
» NTT東日本「Bフレッツ」

しかし、
言われるとおりにフレッツ光の「フレッツ光ネクスト」に乗り換えるのが正解なのかというと、実はそうではなく
本当はもっと良いところへ、しかもお金ももらえて乗り換えることができます。

フレッツ光ネクストの悪い評判

フレッツ光系は最近インターネットスピードが少しずつ落ちてきて満足度が下がってきているという声が増えてきているので、実はフレッツ光系以外のネット回線・プロバイダーに乗り換えるのがおすすめです。

「フレッツ 光ネクスト」への乗り換えだとメリットは工事費が無料になることがある程度ですが、
他の光回線に乗り換えると
1. 工事費が0円
2. キャッシュバックで数万円もらえる
3. 今よりもさらに快適なインターネット回線にできる。
といったメリットがあります。

逆に「フレッツ光ネクスト」に乗り換えた人の感想ではインターネット品質の評判があまりよくないというデメリットの声が見受けられます。

本当におすすめのプロバイダー(インターネット)乗り換え先3候補

フレッツ光ネクストよりもおすすめの乗り換え先光回線をリストアップしておきました。
この順番に申し込んでみることをおすすめします。
※第1候補、第2候補は、申し込み条件が限られているので申し込んでみても断られることもあります。

「Bフレッツ」からの乗り換え第1候補

まず候補として選ぶべき「乗り換え第1候補」は、

NURO 光

おすすめの理由は、

(1)キャッシュバックで3万5,000円もらえる
(2)工事費も実質0円
(3)インターネットスピードが速くて快適とかなり評判が良い
(4)ソフトバンクユーザーは月額料金の割引がある。

NURO光の速度はBフレッツのおよそ20倍ほどの速さ。

さらにWi-Fiとセキュリティソフトが最初から無料で付いて
月額4,743円(税抜)と安い

(本来ならWi-Fiとセキュリティソフトは月額1000円相当のもの。それが0円。)

逆にNURO光の注意点

<注意点1>
申し込める地域は、
関東周辺(東京周辺地域)
東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城

近畿地方(関西エリア)
大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫

東海地方
愛知・岐阜・静岡・三重

九州地方
福岡・佐賀

この地域だけが対象なので、それ以外の地域では申し込めない。

<注意点2>
開通工事が2回あり、申し込んでから開通までが異常に長いことがある。平均で1ヶ月弱かかる。場合によっては2ヶ月以上かかることもある。NURO光は一番の欠点として申し込んでから運が悪いとなかなか長い期間(2ヶ月以上)開通しないことがあります。
ですが、
Bフレッツ終了まで数ヶ月あるなら開通するまでBフレッツを使い続ければいいので気長に待てるのではないでしょうか。

申し込める条件に当てはまるなら、まず1番におすすめしたい満足度が一番高い最強インターネット光回線。

より詳しくは、

「Bフレッツ」からの乗り換え第2候補

NURO光がダメだった時の二番目の乗り換え候補は、

auひかり

おすすめの理由は、

(1)キャッシュバックでだいたい3万5,000円から5万2,000円くらいもらえる
(2)工事費は実質0円
(3)インターネットスピードもNURO光の次に快適と評判が良い
(4)auユーザーは月額料金の割引がある。

月額料金は、
集合住宅(マンションやアパート):平均4,100円(税抜)
戸建住宅(一軒家):平均5,000円(税抜)
インターネット品質が高くて月額料金は安い

逆にauひかりの注意点は、

<注意点1>
一戸建て(一軒家)は申し込めない地域がある。

関西エリア
大阪府・京都府・奈良県・滋賀県・和歌山県・兵庫県・福井県

東海エリア
愛知県・静岡県・三重県・岐阜県

この地域はなかなかauひかりは申し込めないことが多い。(※戸建ては原則不可)

<注意点2>
「賃貸」「一戸建て(一軒家)」に住んでいる人にはおすすめできない。
おすすめできない理由は、2018年3月から変わった契約内容です。

「戸建て住宅のプラン(ホームタイプ)」は、工事費0円の条件が2年半利用だったのが5年に延長されて、auひかりを解約する時も撤去工事が必須となりました。

つまりホームタイプで契約すると最低でも5年以上は利用しないと工事費は0円にならないし、もしauひかりを解約すると高い撤去工事費を支払わなければいけない契約になったからです。

※マンション・アパートなどの集合住宅はこの悪条件は対象外ですので安心です。
マンション・アパートは2年利用で工事費は完全に0円。撤去工事費の強制もありません。

以上の理由から5年以内に引っ越す可能性が高い「一戸建て(一軒家)」で「賃貸」の人にはauひかりはおすすめできません。

<追記>
ホームタイプでも必ず高額な撤去費を支払わなくてはいけないわけではなく、0円にする方法もあります。
参照:auひかりの撤去費28800円を0円(無料)にする方法

NURO光が無理だった場合におすすめしたいのがauひかり。こちらのほうが提供エリアは広いので申し込める確率も高い。
マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる人に特におすすめ。

より詳しくは、

「Bフレッツ」からの乗り換え第三候補

auひかりも導入できなかった場合、3番目の乗り換え候補は、

ソフトバンク光(光コラボ)

おすすめの理由は、

(1)キャッシュバックで1万5,000円もらえる。(※転用での申し込み)
(2)工事費0円
(3)月額料金も光コラボの中では安い
(4)ソフトバンクユーザーは月額料金の割引がある。

NURO光やauひかりと比べて大きな工事をする必要なくすぐ簡単に乗り換えできるのが魅力。

月額料金は、
集合住宅(マンションやアパート):平均3,800円(税抜)
戸建住宅(一軒家):平均5,200円(税抜)

ソフトバンク光の注意点は、

<注意点1>
プロバイダーが「Yahoo!BB」のフレッツ光から乗り換えだとキャッシュバックがもらえない。
<注意点2>
Bフレッツからの乗り換えは、普通の新規契約ではなく「転用」で契約します。

Bフレッツもソフトバンク光も中身は同じフレッツ光なので新しくインターネット回線をひく大きな工事ではなく、建物の回線を切り替えるようなイメージの簡単な工事になります。

なので「乗り換え」というよりも「切り替え」といったイメージ。
そして新規契約よりももらえるキャッシュバックは少なめになります。

ソフトバンク光の申し込み方でより詳しい手順は、

せっかく乗り換えるならこの3つの候補がおすすめ。

それ以外の選択肢として、ドコモユーザーなら
ドコモ光(プロバイダーGMO経由)※参照先:メモゴト・プレス

この2つのどちらかで「転用」の申し込みでも工事の手間が楽でなおかつ安く済み・ネットも快適なのでおすすめ。

総合的な注意点

<乗り換えする時の注意点

現在のBフレッツはまだ解約せずに新しいインターネット回線が無事開通してから解約します。

新しい光回線を申し込んでも実際に回線工事の当日に業者が建物を確認した結果、「工事不可」として断られる可能性があるからです。

そういう時のために、Bフレッツを先に解約してしまわないようにしましょう。

先に解約してしまうと新しいインターネット回線がちゃんと開通するまでインターネットが無い状態になってしまうので。

ベストアンサー

解決まとめ

乗り換え先は「フレッツ光ネクスト」ではなく、NURO 光auひかりに乗り換えたほうがよい
「フレッツ光ネクスト」は評判が良いインターネット回線ではない。

逆に「NURO光」・「auひかり」はインターネットがより速く・快適になる上にキャッシュバックで3万円以上もらえる

【NURO光】(一番のオススメ候補)
NURO光の失敗しない・損しない申し込み方

【auひかり】(2番目のオススメ候補)
auひかりの失敗しない・損しない申し込み方

NURO光、auひかりが申し込んでみても工事不可だった場合は、ドコモユーザーなら「ドコモ光」。それ以外は「ソフトバンク光」がBフレッツからの乗り換えにはおすすめ。

このコンテンツに表示されている金額は別途明記していないかぎり、税別で表記しています。

この解決ドア.comにて表記されているベストアンサーとは独自情報収集において導き出されたもので、必ずしも最も優れた回答・提案と保証された情報ではありませんのであらかじめご了承ください。

情報提供元:https://m-press.jp/blog-entry-387.html(コンテンツ監修:メモゴト・プレス)

Posted by 解決・D・Founder